麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の転科は?

麻酔科医の転科は?

「麻酔科医として頑張ってきたけれど、他の診療科に転科したい」と考えている麻酔科医の方もいるのではないでしょうか。「麻酔科医に転科したい」と考える医師も多い中で、麻酔科医が他の診療科に転科するのは、あまりいないのではないかと考えてしまうところですが、麻酔科医が他の診療科に転科した例も少なくありません。

麻酔科医が転科する理由は主に2つあります。1つ目は、仕事が激務であるからです。全国的に、麻酔科医の人員は増えたといっても、実際にはどこの現場も足りていない状況です。そのため、対応しなければならない仕事が非常に多く、それによってもう麻酔科医として働きたくなくなる麻酔科医もいます。病院によって麻酔科医の仕事の量は異なりますが、激務が続くことによって「麻酔科医」としての仕事をしたくなくなる場合もあるでしょう。

2つ目は、将来を見据えていると独立できる可能性が少ないからです。他の診療科だと、独立して病院を開業することができます。例えば、外科医であれば外科医院を開業できますし、産科医であれば産婦人科を開業できます。しかし、麻酔科医だと麻酔科医院を開業するのは難しいです。街を見渡しても、麻酔科が独立して開業している医院を見たことはないのではないでしょうか。そのため、将来的に開業医になりたいと考えた麻酔科医は、転科することが多いのです。

麻酔科医が転科先に選ぶ診療科で多いのは、内科と形成外科です。転科するとなると、また転科先の診療科でイチから出直しをしなければならなくなりますが、その中でもつぶしがききやすいのが、内科と形成外科です。この2つの診療科は、医師としての知識と診断能力が備わっていれば、技術的な面を持っていなかったとしても、活躍できると言われています。

内科とは、内臓的な疾患を薬物療法などの外科的治療を行わずに治療を行う診療科です。例えば、風邪をひいた際には内科を受診するのではないでしょうか。形成外科とは、皮膚科の領域と少し似ていますが、外傷や皮膚の腫瘍、でべそなどの先天性形態異常、美容形成などを行うところです。

もちろん、この2つの診療科以外を転科先として選ぶ麻酔科医もいます。しかし、その場合には根気が必要になります。例えば、麻酔科医は外科医と近いところで仕事をしているため、外科医の仕事を具体的に知っていたとしても、その技術を取得するためにはイチから勉強をしなければなりません。したがって、どうしても希望する診療科があるという以外は、内科や形成外科を選ぶのが無難だと言われています。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.