麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の転職あるあるは?

麻酔科医の転職あるあるは?

麻酔科医が転職する場合、4つのあるあるがあります。1つ目は、高待遇の求人が多いことです。麻酔科医は他の診療科よりも年収が高い傾向にあると言われています。麻酔科医の平均年収は全国的にも1000万円を超えており、1200万円から1300万円がその平均です。医師の平均年収は1000万円前後と言われているので、それと比べると高い水準であることが分かります。しかも、麻酔科医は医療界では重宝された存在であることから、実力のある麻酔科医であれば年収2000万円も夢ではありません。

2つ目は、家庭の事情で引っ越さなければならなくなったとしても、すぐに仕事に就けることです。勤務医として働くことにこだわらなければ、麻酔科医の求人は非常に多くあります。それこそ、フリーランスとして働いているのが多いのも、麻酔科医の特徴です。そのため、腕のある麻酔科医であれば、どんなところであっても好条件での仕事ができます。また、麻酔科医の人数は年々増加傾向にあるものの、麻酔科医が求められる事柄の範囲が広がっているので、全国的に麻酔科医が足りない状況です。そのため、麻酔科医は仕事を選べる状況にあります。

3つ目は、転職のための面接などに行った際に、これまでに担当した症例や手術件数を詳しく聞かれることです。これは、応募する病院によっては聞かれるかどうかに差異がある部分ですが、優秀な麻酔科医を求めている病院ほど、どんなことができる麻酔科医なのかを聞かれます。今日の麻酔科医が活躍するフィールドは、手術の現場だけではなく、がん治療の緩和やペインクリニックさらには産科麻酔や小児麻酔など多岐にわたっています。そのため、より優秀な麻酔科医が求められる傾向にあります。

4つ目は、考えの古い他診療科目の医師には見下されがちにあることです。「麻酔科医なんてただ麻酔をするだけの医師だ」と考えている医師も中にはいます。そのため、せっかく良い条件の病院に転職できたと思っていても、その偏った考えを持った医師のせいで、仕事がやりづらくなる事が稀にあるのです。そのため、転職の条件だけに目を向けるのではなく、病院を見学した際にはどんな医師がいるのかもチェックした方が良いでしょう。これまで麻酔科医として活躍してきた人ならば、独自のネットワークも持っているでしょうから、求人票の情報だけで判断するのではなく、その病院の情報を知り合いづてで集めることも必要です。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.