麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医に多いストレスは?

麻酔科医に多いストレスは?

どんな仕事をしている人でも、ストレスを溜めることがあります。会社などで仕事をしていない専業主婦でもストレスは溜まります。ただ、ストレスの溜まる量には大きな違いがあります。医師の仕事でも麻酔科医は外科医などから比べるとあまりストレスがないだろうと思われがちですが、手術中の麻酔は大きなストレスになります。手術の麻酔は麻酔科医の仕事の中でもとても大きな割合を占めています。多い日は1日に何度も手術に立ち会うことがあるので、そのストレスは大変大きなものになります。

全身麻酔をかけるということは、それだけ危険が伴います。手術をするためには患者さんの意識を失わせて自発呼吸も止めなければなりません。それを薬で調整するわけですから失敗は許されないのです。患者さんの体格や体質、手術の内容、時間によって使う薬を決めなければなりませんし、手術が終わるまで患者さんの全身管理を任されるわけですから気が抜けないのです。麻酔が原因とされる医療事故も全く無いわけではないので、患者さんの手術の始まりから終わりまで、また術後に麻酔から覚めるまでは麻酔科医にとって大変なストレスがかかるものなのです。

さらに、手術は外科医や看護師、麻酔科医などでチームを作り、行われるものです。それぞれ個人が勝手なことをしていては手術はうまくいきません。チームでの連携はとても大切なのです。チームを作るというのはとても心強いものなのですが、人間関係がストレスに感じるという医師もいます。その中でも麻酔科医は外科医などとは違う役割を持つので、ストレスを感じることが多いと言われています。今のところ、麻酔科医は不足していると言われ、ほとんど休みが取れない医師がいるのも事実です。麻酔科医は執刀しないのだからそれほど疲れないしストレスも溜まらないだろうと思われがちですが、手術の立ち会いから術後の観察まで精神的にも体力的にもかなりの負担になっています。そこに休みが取れないとなると、疲労回復はおろか、ストレス解消もできずに体調を崩してしまうという麻酔科医がいるのです。休みが少ないのであれば、その休みの中でうまくストレスを発散させるようにするのも、麻酔科医を長く続けるために必要なことかもしれません。最近では、麻酔科医を増やそうとする病院が増えてきており、常勤医師に加えて非常勤医師を雇うところも出てきました。麻酔科医1人あたりの負担が減るようになれば、ストレスを溜めてしまうことも少なくなることでしょう。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.