麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医は不足している?

麻酔科医は不足している?

最近の病院は、医師不足であることを良く耳にします。その中でも、特に医師不足だと言われているのが麻酔科医です。麻酔科医は、手術をする時に患者さんに麻酔をするのはもちろん、術中の管理もしなければなりません。患者さんの状態に合わせた適切な麻酔を投与することが、術後の回復や手術の安全性にも関わってきます。麻酔科医はとても重要な存在であることがわかります。

麻酔科医自体の数は減少しておらず、どちらかというと以前よりも麻酔科医の数は増えているのが現状です。それなのになぜ麻酔科医が不足しているのかというと、手術の他に集中治療室や緩和ケア、ペインクリニック、在宅医療など、必要とされる場が多くなったためです。需要と供給が伴っていないのが原因なのです。つい最近、麻酔科医の研修制度が変わり、以前に比べると早く麻酔科認定医の資格が取得可能になりました。そのため、外科医が麻酔科医に転科したり、麻酔科医を兼務したりするケースも出てきています。

麻酔科医は増えてきていると言いましたが、それ以上に手術が増えたのも麻酔科医不足と言われる原因です。医学の進歩とともに、手術の方法もいろいろと増えてきました。大きな病院での手術件数が増えたこともありますが、中小規模の病院でも手術が積極的に行われるようになったことも原因と言えるでしょう。また、今までは麻酔科医がいない時は他の医師が麻酔を行っていましたが、医療ミスなどのことを考えて専門家である麻酔科医師を置くようにしたのも麻酔科医師不足の原因です。麻酔科医師不足をなくすためには、麻酔科医師として働ける人材の育成が不可欠です。急な手術や高度な手術の場合、豊富な臨床経験と知識が必要になるからです。

病院では、常駐の麻酔科医を置いて緊急手術などにも対応したいと考えていますが、非常勤で働く麻酔科医が増えていることから、そのような麻酔科医を積極的に採用して麻酔科医不足に対応しています。非常勤というフリーランスな働き方であれば、週に何回かの勤務であるとか、午後だけの勤務、当直だけの勤務というように自分の働きやすい条件のところを選べます。麻酔科医に関しては、非常勤としていくつかの病院で働くようにした方が収入が良いということもあって、非常勤での勤務を希望する医師が増えていると言われています。常勤医師の約半分くらいの仕事量で、同等の収入が得られるので、フリーの麻酔科医が増えてきているのが現実です。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.