麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医に多い退職理由は?

麻酔科医に多い退職理由は?

人員の不足している麻酔科医ですが、それでも退職をする方もいます。「自分だけが退職するのでは」と不安になる方もいるでしょうが、そんなことはありません。麻酔科医に多い退職理由として、3つのことがあります。

1つ目は、家庭の事情です。この理由は医師全体にも言えることですが、家庭の理由で退職をすることになる方は、少なくありません。例えば、配偶者の仕事の都合で引っ越しをしなければならなくなった場合、引越し先から通勤が難しいときには退職しなければなりません。その他にも、もっと子どもと過ごす時間を増やしたいけれど、今働いている病院だとそれが叶わないというような場合には、退職して他の病院に転職する必要があります。

人のライフスタイルは、いつまでも同じ人はいません。結婚や離婚、妊娠・出産など日常生活に様々なイベントがあります。独身の方であっても、親が体調を崩すなど予想できないことが起きる場合もあります。そのため、家庭の事情によって退職する麻酔科医は多いです。

2つ目は、仕事の負担が大きいことです。勤務する病院によっては、麻酔科医の仕事は激務です。緊急手術やオンコールの多い病院だと、体力的にも精神的にも負担が大きくなります。また、病院の医療水準が低いと、麻酔科医の激務は軽視されがちになり、それに見合った評価がなされずに、身も心もボロボロになるケースもあるのです。そのような病院だと、いくら麻酔科医が激務を訴えても人員削減のために新たな麻酔科医を雇わない傾向にあります。そのため、仕事の負担が大きくなりすぎて退職をする麻酔科医もいます。

3つ目は、待遇の良い病院へ転職するための転職です。麻酔科医はキャリアアップを図れば図るほど、市場価値の高まる傾向にあります。そのため、将来的に麻酔科指導医などになりたい場合や、研究職をやりたい場合には、自分の望むスキルを身に着けられる待遇の良い病院にどんどんと転職した方が良いでしょう。さらに、麻酔科医を続けているうちに、自分がやりたい医療が段々と見えてきます。現在では、麻酔科医のフィールドは広がっているので、手術だけではなく緩和ケアのやれる病院に転職したり、ペインクリニックがやれる病院に転職したりするために退職するのは珍しくありません。

麻酔科医としてどうありたいのかを中心において退職する方が多いのが、麻酔科医の退職理由として多い傾向にあります。したがって、「自分だけじゃ?」と不安になる必要はありません。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.