麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の休みは多い?

麻酔科医の休みは多い?

医師の休日数というのは、だいたいどこの病院でも同じようなもので、就業規定による休日というのは取り方に違いがあるだけで日数にはそれほど差はありません。例えば土日を休日としているところや特に曜日は決めず週に2日休日としているところなど様々です。年末年始の休暇や夏季休暇、その他にリフレッシュ休暇などがあるかないかで年間休日数は変わりますが、月の休日数というのは大きく変わりません。

麻酔科医は休みが少ないものだと言われることが多いですが、これは緊急手術などで休日に呼び出しがあるかないかで大きな違いがあります。麻酔科医が十分な人数おり、常勤医が当直で必ずいるのであれば呼び出しされることはありません。この場合だと休みはしっかり取れるので、休みが少ないと感じることはないでしょう。普段は激務であっても、休日にしっかり休めるのであればそれほど負担になりません。しかし麻酔科医が十分な人数がおらず、数名で回している場合は休日に緊急手術が入ると呼び出しされることがあります。手術は麻酔科医がいないとできませんので、必ず誰かがいないといけないのです。救急指定病院でなければ緊急手術はほとんどないのですが、救急病院だと日によっては何件も緊急手術が行われることがあり、休日がまるまる潰れてしまうことも多々あります。その分、手当はもらえるとは言っても連日激務で疲れた体をゆっくり休めることができないので、疲労が蓄積されて体調を崩す医師もいます。

疲労が蓄積されたまま仕事に就くというのは、人の命を預かる立場としてはとても危険です。わずかな判断ミスが大きな事故につながることがあります。何かあってからでは遅いので、あまりにも休みが取れないような場合は転職を考えても良いでしょう。休みをしっかり取りたいというなら、常勤ではなく非常勤で働く方法もあります。麻酔科医は、非常勤でフリーランスとして働いている人も多く、フリーランスだけで年収2000万円近く稼いでいる人もいるようです。非常勤であれば働きたい日数だけ働けますし、当直や呼び出しは無しという契約で雇われればこれらをすることはありません。ですから休みはしっかり取れ、気分転換もできます。休みを何に使うのかは自由なので、うまくストレスを発散する方法を見つけ、ストレスは溜め込まないようにしましょう。ストレスを溜め込むのは精神衛生上、一番良くありません。自分なりのストレス発散法を見つけ、貴重な休みにうまくストレス発散をして仕事に臨みましょう。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.