麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医は忙しい?

麻酔科医は忙しい?

麻酔科医は激務なのではないか、とよく言われますが、これは病院によります。麻酔科医が十分な人数いるような大きな病院であれば、急な手術が入ったとしても当番で出勤している誰かが対応できます。比較的規模が小さな病院であれば、麻酔科医を多く置くことはしませんから、休日に緊急手術が入った場合は、麻酔科医が不在となります。そのため、休んでいる麻酔科医を呼び出すことになります。病院によっては日曜祝日を休みとしていても、実際のところは呼び出しが多くて休みがきちんと取れません。このようなことから激務だと言われるのです。

麻酔科医と言えば、麻酔をするだけの医師だと思われていることが多いのですが、そんなことはありません。手術前にはカンファレンスが行われますが、それにも立ち会ってどんな麻酔をかけたら一番良いかを話し合ったり、準備をしたりと仕事はたくさんあります。また、麻酔の技術についても日々進歩していますから、それについての勉強も行わなければなりません。スキルアップのための勉強会にも参加して、自分のスキルを磨くことも忘れてはいけません。

麻酔科医は手術が行われる際に麻酔をかけるのが主な仕事ですが、手術中も患者さんから目を離さずに常に様子を見ていなければなりません。もし急変があれば対応しなければなりませんし、もちろん立ったままです。手術は短時間で終わるものもあれば長時間かかるものもあり、それらすべてに立ち会わなければならないのです。当然体力的にもきついですし、精神的にもかなりのプレッシャーになります。病院によって手術は1日に1件というわけではなく、何件も行われることがあります。手術前はカンファレンスや準備がありますし、手術後は患者さんの状態を見守らなければなりませんのでかなりの仕事量となります。

当直から翌日もそのまま勤務を続けるようなこともあるようです。疲れが溜まってしまい、体調を崩して手術でミスなどがあっては大変なので体調管理にも気をつけないといけません。しかし、実際のところは体調を崩してしまい、転科する医師もいるのです。外科医や内科医が忙しいと思われがちですが、麻酔科医はそれ以上に激務なのではないかと言われています。このような状態を改善するためには、現場に麻酔科医を増やすことです。病院では非常勤の麻酔科医を採用して人数を増やし、常勤の麻酔科医の負担を軽減するように努力しています。逆に、麻酔科医は非常勤でも働きやすいと言われていますので、常勤から非常勤に変わる医師も多いです。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.