麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の定年後は?

麻酔科医の定年後は?

あるサイトが医師に定年後はどうしたいかというアンケートをしました。その結果、定年後は仕事をしない、引退するという医師は15%以下であることがわかりました。体が元気であれば、定年後も働き続けたいという医師が多いのです。麻酔科医が定年退職した後、どのような道があるのでしょう。

以前は、定年退職の年齢というと60歳でしたが、最近では年金支給が65歳からになったこともあって、定年を65歳にしようという流れになってきました。最近の60代はまだまだ若いですから、引退してしまうのはもったいないですし、まだ現役を続けたいという医師もたくさんいます。定年退職後の医師を積極的に採用するところも増え、定年退職者に限った求人情報も集められるようになりました。定年退職後は、非常勤として働きたいという声が多くあり、麻酔科医の場合は非常勤医師として働いている人が比較的たくさんいます。専門性の高い科ですので、高度な技術や知識を持つ麻酔科医は重宝され、定年後であっても十分採用されています。麻酔科医はいつでも求人が出ている状態ですから、働く場所は見つけやすいでしょう。

定年後はゆっくりと過ごしたい、現役の時は激務で身体的、精神的にも辛かったのでのんびりしたいという人もいますが、それでもやはり全く仕事から退いてしまうのはどうかと考えている人が多く、週に2日から3日程度、非常勤で働きたいという声が多いです。定年前後の医師の求人もたくさんあって、働くところは十分あります。麻酔科医の場合、当直限定や土日限定の非常勤で働くという方法もあります。平日の昼間勤務して当直もあって、となると若いころなら乗り切れても60歳を過ぎると体力的に厳しいものがあります。それなら週に1、2度の当直や土日限定で働き、他の日は自分の時間として過ごすのがベテラン医師の働き方となっているようです。

非常勤でも、麻酔科医なら1日あたり10万円前後の収入が得られますので、生活に困るようなことはありません。出勤した時は、若手の指導なども頼まれることもあり、充実した時間が過ごせます。非常勤の麻酔科医求人ならたくさんありますので、自分に合ったところが見つけやすいでしょう。若い時は多少無理して仕事をたくさん入れたりしていたかもしれませんが、定年後は自分の生活ペースを崩さないようなところを選ぶようにすると良いでしょう。医師が定年になっても医師免許が失効してしまうことはありませんので、まだ十分な医療が提供できるというのであれば週に何度かでも働くことをおすすめします。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.