麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 条件別の麻酔科医求人 >> 国立病院の麻酔科医求人

国立病院の麻酔科医求人

国立病院とは、国立病院機構が設立している病院のことです。各地に存在する病院ですが、各都道府県の都市部に設立されていることが多く、その数もそんなに多くありません。「医療センター」などの名称をつけられていることが多く、地元の総合病院では対応できない症状の患者が利用することの多い病院です。

国立病院で働く麻酔科医は、公務員の特別職であると位置づけられます。厳密にいうと、独立行政法人職員です。そのため、他の私立の病院の麻酔科医と比べると、立場が安定しているように思えますが、特別職であるといっても公務員なので、例えばアルバイトについてなどの禁止事項も多いです。ただし、許可があれば兼業可能とされている業務もあるので、国立病院の麻酔科医求人に応募する前に、しっかりと調べる必要があります。

国立病院の麻酔科医になると、地元の総合病院では目にかかれない症例を対応できるほか、医師としてキャリアアップしたい場合の研修制度が充実しています。そのため、麻酔科医として資格をどんどん取得したい方におすすめです。さらに、国立高度専門医療センターとの交流も充実しています。国立高度専門医療センターとは、国立がん研究センターや国立循環器病研究センター、国立精神・神経医療研究センターなどのことです。これらの高度で専門的な医療研究センターと交流があることで、麻酔科医としての知識や実績を確実に積んでいけます。

麻酔科医は、実績がものを言う仕事です。そのため、どれほど症例数を持っているかが、麻酔科医の市場での評価につながります。国立病院での経験があるとなると、市場評価も高まるでしょう。若手医師であっても、海外研修制度などが充実している国立病院であれば、積極的に採用してもらえる可能性も高いです。

国立病院の麻酔科医の求人を探すためには、根気強さが必要とされます。なぜかというと、国立病院は一般の総合病院よりも数は少ないからです。また、人気の求人でもあるので、求人が出たとしてもすぐに応募があり、自分が見つける前に他の人が採用されていることもあります。したがって、国立の麻酔科医の求人を探す場合には、素早い反応といつでも求人をチェックする忍耐力が求められます。

さらに、国立病院の麻酔科医の求人が、今自分が住んでいるところの近くのものに限るのは良くありません。「全国どの地方に行っても良い」というくらいの軽いフットワークがないと、中々良い求人に巡り合えません。したがって、国立病院の麻酔科医の求人を探す場合には、勤務地を絞らずに希望することが大切です。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.