麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 条件別の麻酔科医求人 >> 救急の麻酔科医求人

救急の麻酔科医求人

救急の麻酔科医の求人を探す場合、どの救急の求人を探したいのかを整理してから行わなければなりません。なぜなら現在の日本の医療では、一次救急、二次救急、三次救急の3種類の救急があるからです。どの救急の求人に応募するのかによって、求められる技術や仕事が異なるので、どのようなスキルを身に着けたいのか、またどのようなスキルを発揮したいのか、ライフスタイルはどうしたいのかを整理する必要があります。

まず、一次救急とは入院治療が必要のない患者に対して行われる医療です。外来での対処が可能で、即日で帰宅できる軽症患者に施される救急医療を指します。例えば、休日夜間急患センターや、救急(休日)歯科診療室などがこれに当たります。在宅当番になっている診療所などもこれに該当します。一次救急の場合、あえて求人に「一次救急」と書かれていないこともありますが、書かれている場合には上記のような患者を対応します。

次に、二次救急です。二次救急は、入院や手術が必要な重症患者に対して行われる医療です。ここで運び込まれる患者の容体は様々で、意識のはっきりしている患者もいれば、命を落とす危険性のある患者もいます。したがって、手術を行う際にも麻酔科医としての高度な技術が求められることもあります。手術を中心に活動をしたい場合には、二次救急の求人をメインに探すことになるでしょう。

三次救急は、二次救急までで対応できなかった重篤な患者に対して行われる医療です。一刻を争う場合が多いので、より正確で瞬時の判断が求められます。三次救急は一般の病院では対応できないので、救命救急センターや高度救命救急センターがそれにあたります。ここでは診療科の設定はなされておらず、医療の全般にわたる知識と技術が必要です。様々な可能性を考えて処置を施さなければならないので、経験を積んだ麻酔科医が求められる傾向にあります。

一口に救急の麻酔科医といっても、どの救急を選ぶのかによって、求められる麻酔科医の像が異なります。そのため、自分はどんな麻酔科医であり、どんなことができるのかを冷静に見つめ、どんな仕事をしていきたいのか精査する必要があります。とはいえ、高いスキルが求められるところで働くことによって積まれていくスキルもあるので、麻酔科医として実績を積みたいと思っている場合には、「より厳しい環境でやる!」というチャレンジ精神も必要です。しかし救急は患者の命の境目に遭遇することが多いので、その根底には「1人でも多くの患者の命を救いたい」という思いがあることが大切です。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.