麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 条件別の麻酔科医求人 >> 年収3000万円以上の麻酔科医求人

年収3000万円以上の麻酔科医求人

麻酔科医は他の医師と比べても高収入だと言われています。どんな立派な設備が整った病院でも、また腕の良い外科医や内科医を揃えていても麻酔科医がいないと手術はできません。麻酔科医というのは、病院にとってはとても重要な専門医師ということになります。一時は、深刻な麻酔科医不足でした。麻酔科医の人材確保のために、高待遇で求人を出す病院がとてもたくさんありました。軒並み年収1000万円以上を提示し、1000万円から2000万円というのは普通でした、ある病院では、麻酔科医が一度にたくさん退職してしまったために手術ができない状態になり、人材確保のために年収3000万円以上という条件で求人を出したことがあるようです。地方の病院では、3500万円で求人を出していたところがあったと言われています。

現在のところ、年収3000万円以上の求人を出している病院はありますが、以前と比べると少なくなっています。麻酔科医では、だいたい年収1000万円から2000万円くらいの間の求人が一番多く、2500万円から3000万円を超える年収の求人は減ってきました。麻酔科医不足と言われていましたが、仕事内容や待遇を知って麻酔科医を志す人が増え、麻酔科医も増えつつあるためだと考えられます。3000万円を超える求人を出しているところでは、麻酔科部長というようなポストで仕事をしてもらうというものでした。十分な経験を積み、実績もある、しかし現場で当直や常勤で働くのは厳しいという人が応募できるような求人です。

まだまだこれから技術を磨き、知識を仕入れるというような若手では、年収3000万円以上の求人はほぼ無いと考えて良いでしょう。若い麻酔科医は、これからもっと経験と実績を積めば3000万円以上もらえるようになるのだと目標にしましょう。麻酔科医としての経験が10年以上にならないと、高収入の求人には応募できないのが現状です。麻酔科医は激務で、その割に患者さんから直接感謝されることがありません。そのためにモチベーションを保つのが難しいと言われていますが、病院にとっては無くてはならない存在なので、それを忘れてはいけません。若いうちから年収が高いのは、麻酔科医の仕事の内容などを全て知る病院側の考えなのです。他の医師たちから不公平だという声をあまり聞かないのは、麻酔科医のことを他の医師たちも認めているからだと言えます。専門性のレベルが高いのが麻酔科医なので、それだけ高収入が期待できるのです。常勤ではなく、フリーランスとして働く麻酔科医でも求人は多いですし、高収入を得ています。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.