麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 条件別の麻酔科医求人 >> 年収2000万円以上の麻酔科医求人

年収2000万円以上の麻酔科医求人

年収2000万円以上と聞くと、普通のサラリーマンではなかなかもらえない給料です。それが、医師だとこれくらいの年収を得ることは可能なのです。医師の中でも特に年収が高いのは、産婦人科医と麻酔科医だと言われていて、年収2000万円以上をもらっている医師はたくさんいると言われています。年収2000万円以上になるには、やはり経験を積まないといけません。麻酔科医として10年以上の経験を積んだ人は、それくらいの好待遇で転職することが可能だと言われています。

麻酔科医になったばかりの頃は、それほど高い給料はもらえません。研修医からだと月給30万円くらいからスタートとなり、3年目くらいになってから3倍近くに跳ね上がるようです。5年目くらいで年収1000万円以上となり、10年目くらいで2000万円前後となるケースが多いです。同じ歳のサラリーマンから比べると、かなりの高収入と言えます。これだけの収入があるということは、仕事もかなりハードになることを覚悟しておく方が良いでしょう。

もちろん、勤務する病院によって勤務体制は違うので、絶対に激務になるとは言えません。十分な麻酔科医を確保している病院だと休日に呼び出されることもないですし、残業もそれほどすることはありません。しかし、大きな病院で救急患者がしょっちゅう搬送されてくるようなところだと、十分な人数の麻酔科医がいてもそれ以上に手術の件数も多くなりますからどうしても手が足りなくなるのです。また、緊急手術の場合は何時間かかるかもわかりませんし、長時間勤務になってしまうのは麻酔科医なら仕方がないと言えます。手術の開始から終了まで、その場を離れることはできないからです。手術というと外科医ばかりが注目されますが、麻酔科医がいないと手術ができないのです。ですからとても重要なポジションにいる医師だと言えます。経験を積んでいろんな知識を身につけた医師になると、患者さんにストレスを与えることなく自然な麻酔をかけ、手術を受けてもらうことができるので、外科医からも一目置かれるような存在になる人もいます。これくらいの技術を持つ麻酔科医だと、年収2000万円以上出しても欲しいという病院は多く、そんな求人も出ています。年収2000万円以上となると、ある程度の経験年数がないと採用してもらえませんので、30代、40代の麻酔科医向けの求人となります。

フリーランス(非常勤)という働き方で、いくつかの病院を掛け持ちし、手術の立ち会いや当直などを行い、年収2000万円以上稼いでいる麻酔科医もいます。常勤、非常勤ともに高収入の麻酔科医の求人は常にある状態です。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.