麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の転職の基礎 >> 麻酔科医の自己PR

麻酔科医の自己PR

医師に限らず、転職する時には履歴書を提出しますが、その履歴書に自己PRを記入するのに頭を悩ませるものです。新卒で初めて就職する際に書く自己PRは社会人としてこうなりたい、こんな目標を持ってやりたいというようなことを書けますが、転職の時は難しいものです。医師で何年か経験を積んできたような場合は特に難しいです。医師の転職でも、麻酔科医の転職の時はどのような自己PRをすれば良いのでしょう。

自己PRは履歴書に書くだけで終わりではありません。履歴書に書く自己PRは、スペースも限られていますし、ここに書いたことだけで採否を決定されることはありません。面接の時に自己PRをする機会は十分ありますので履歴書の自己PR欄で完璧なものが書けなくても大丈夫です。

麻酔科医がうまく自己PRをするには、自分の麻酔科医としての意気込みや目標を伝え、どうしてこの病院を希望したのかを説明できるようにしておきましょう。転職の面接では、ほぼ100%聞かれることに「なぜ転職するのか」という、転職の理由があります。どうして今の勤務先を辞めたのかということです。仕事がきつくて耐えられないとか、職場の雰囲気が悪い、待遇が悪い、人間関係が良くないなどというような理由で転職することがあるかもしれませんが、こうした内容は正直に話す必要はありません。できるだけポジティブな理由を挙げるようにして転職したいのだというアピールをしましょう。

麻酔科医の場合、これまでの経験や経歴、自分の実力や扱った症例数などが立派な自己PRになりますので、きちんと説明できるようにしておきましょう。その中でも特に印象に残った症例、そこから何を学んだかなどが質問されるかもしれません。その時に慌てないように、準備をしておくことが大切です。せっかく多くの症例を扱って良い経験を積んできているのに、十分にPRできないと相手に自分の実力が理解されないかもしれません。

転職の場合、職務経歴書を履歴書と一緒に提出することがあります。これを提出すれば、どんな仕事をどれくらいしてきたかというのがわかるので、言葉で説明するよりわかりやすくて良いようです。ただ、職務経歴書で注意をひくような内容が書かれていれば、その部分を突っ込んで聞かれることがありますので、自分の書いた内容のことは一通り説明できるようにしておきましょう。うまく自己PRができなかったとしても、これらの対応がきちんとできていれば相手に自分の魅力は十分伝わります。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.