麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の転職の基礎 >> 麻酔科医で活きる資格

麻酔科医で活きる資格

年収の高さなどで人気のある麻酔科医ですが、転職するためには、何かしら資格が必要となるのでしょうか。結論から言うと、麻酔科医になるために最低限必要な資格として挙げられるのは、医師免許です。

といっても、医師免許があれば誰でも簡単に麻酔科医になれるのかというと、そういうわけでもありません。元々、麻酔科医というのは外科医が行っていた分野の業務を行うことを目的に作られたものです。つまり、外科医から派生したものというわけですね。

最初は手術における麻酔の投与や管理なども、外科医の仕事の一つでした。しかし、麻酔というのは患者さんの体に対して、とても大きな負担をかけるものとなります。そのため、一度に外科医だけが麻酔投与からその後の患者さんの全身管理、手術まで行おうとすると、どうしてもミスなどの不安が懸念されたのです。 そのため、患者さんへの麻酔投与や、麻酔を投与したあとの全身管理などを外科医ではなく麻酔科医が担当する、というように分けたことで、手術におけるミスなどの懸念を大幅に減らすことができたのです。

このような背景から、麻酔科医になるためには医師免許の他得に免許は必要ないとされていますが、手術を行う時に必要不可欠な知識などを豊富に備えていることが前提となるでしょう。そのような知識がなければ、当然手術において正しい麻酔操作を行うことはできません。このため、得に資格は必要ないものの、麻酔科医になることは誰でも簡単にできるものではないというわけなのです。

ただし、所有していれば自分のスキルアップをしやすくなる資格として挙げられるのは、語学関係のものでしょうか。TOEICなどで高得点を有していれば、日本だけでなく、国際的な麻酔科医として活躍することができるでしょう。 海外で行われる手術には、珍しい症例のものも多いですし、高い技術を要するものも少なくありません。そのため、そうした手術に参加することができれば、日本ではなかなか取り入れられない医療知識なども身に付けることができるでしょう。

ちなみに、麻酔科医専用の資格として、麻酔科学会で提供されている資格が存在しているようです。その資格とは、麻酔科専門医として認定医師になるための資格です。 しかし、この資格は必ずしも麻酔科医になるために必要とされるものではないため、取得するかしないかは自由となっています。ただ、やはり取得しておくことで転職などを有利にすることはできますから、機会があれば取得しておくと良いでしょう。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.