麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の転職の基礎 >> 麻酔科医の休日

麻酔科医の休日

麻酔科医は、病院に勤務していてきちんと休日が取れるのかが気になります。大きな病院でも基本的に土曜日の午後や日曜、祝日は外来が休診となっていますが、入院患者がいるところでは患者さんの急変に対応したり、救急患者に対応しなければならないなどで誰かが出勤していないといけません。緊急手術が入ったら麻酔科医がいないと手術できませんので誰かが休日でも出勤しなければならなくなります。

麻酔科医は休みがなくて激務であるとか、激務というほどでもないと言われるのは、麻酔科医の数や緊急手術、休日出勤や呼び出しがあるかないかによります。麻酔科医が十分な人数いるところでは、誰かが常に待機していますのでわざわざ休日の麻酔科医を呼び出すことはありません。このような病院だと、休日がきちんととれるので負担になることはないでしょう。手術数が多い病院なのに、麻酔科医の数が少ないと負担が大きくなります。毎日の業務量が多いだけでなく、やっと取れた休日に緊急手術が入ったら呼び出されることも多々あります。夜勤をしていてそのまま日勤で勤務し残業をこなし、翌日は本来なら休みなのですが呼び出されるということが何度かあるようです。

休日をしっかり取りたいなら、常勤よりも非常勤で働くという方法もあります。非常勤だと週に3日だけ勤務だとか、時間を短縮して働くということが可能です。非常勤なら常勤に比べて収入が減るのではないかと気になりますが、それなりの収入は得られます。非常勤でいくつかの病院を掛け持つ医師もいますので、自分に合った働き方を見つけましょう。麻酔科医の場合は、常勤だと休日が少なくなってしまいがちなので、好んで非常勤勤務を選ぶ人も多いのです。

どうしても土日休みで常勤勤務がしたいというのであれば、皮膚科クリニックや美容外科クリニックなどがおすすめです。急患や緊急手術もありませんので休日に呼び出されることはありません。手術の時は麻酔科医がいないとできません。ですからある程度休日に呼び出しされたり、超過勤務になったりするのは仕方がないことですが、それが続くと麻酔科医本人の体調を崩すことにもなりかねません。民間のクリニックなど規模の小さなところだと病院勤務ほどハードではありません。休日もしっかり取れるので、休日を確実に取りたい、しっかり休みたいという場合は民間のクリニックなどでの勤務もおすすめです。優秀な麻酔科医を望んでいる病院は多いので、自分の希望通りのところを見つけましょう。




Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.