麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】

麻酔科医求人TOP >> 麻酔科医の転職の基礎 >> 麻酔科医の転職と年齢

麻酔科医の転職と年齢

麻酔科医は激務であることが多く、それが原因で転職する人も多いと聞きます。激務の原因は麻酔科医不足とも言われており、常に求人がある状態です。そのため、麻酔科医として転職先を探す場合、求人数は多いので行く先を見つけるのはそれほど難しいことではありません。しかし、年齢によっては求人数が少ない場合もあり、転職するのに苦戦することがあります。年齢によって転職状況は変わってきますので注意しましょう。

医師の求人は、通常20代の求人は圧倒的に少ないものです。やはり何年かの経験を持つ人を優先して採用し、即戦力として働いて欲しいと考えているからです。しかし、麻酔科医に関しては20代の求人は意外と多くなっています。20代の麻酔科医を採用しようとしている病院では、他に30代や40代の麻酔科医も同時に募集しています。経験豊富なスキルの高い医師は他の病院から引き抜きされる可能性があります。麻酔科医は比較的異動が楽なため、簡単により良い条件の病院に移ることがあるのです。そのため、麻酔科医がゼロになってしまわないように20代の麻酔科医を採用するところが多いのです。

30代になると、麻酔科医は一番転職率が高くなります。ちょうど経験年数が10年を迎えることから、条件面が一気に良くなるからです。年収も30代後半になると1000万円以上となるところが多くなりますので、良い条件のところを探して転職する人が多くなります。30代の麻酔科医の求人は一番多いと考えられます。求人は多いですが、逆に一番競争が激しい年代と言えるかもしれません。

40代になると、一般企業での転職は難しい年齢になってきますが、麻酔科医の場合には40代に入ってから中盤位の年齢までに転職へと動くことが多くなります。そのため、その重要に合わせて求人数も多くなっています。30代の転職では、少しでも給料が高いところが人気となっていましたが、40代の麻酔科医の転職では、休日はどうなっているのか、勤務体制はどうなっているのかを重視した転職活動に変わっていきます。麻酔科医は年間何千件も行われる手術に立ち会うのですから、ハードです。それに加えて休日に緊急手術で呼び出されたり、当直などがあると体力的に厳しくなるのです。そのために、負担がかからない職場(休日に呼び出しがない、当直がないなど)に人気が集まります。40代以上になると、経験も豊富で知識も十分ある麻酔科医でしょうから、病院との交渉次第で希望を叶えてくれるところがあるようです。麻酔科医については、50代になっても転職先はあります。

麻酔科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★






Copyright (C) 2015-2017 麻酔科医求人ランキング【※人気No.1サイトはココ】 All Rights Reserved.